案内

新築住宅を購入するなら住居瑕疵担保履行法を知っておこう

自転車運転を守る

スーツの人

自転車は、場合によっては、人を傷つけてしまう力を持っていますので、万が一に備えた保険が大切です。子供の場合はもちろんですが、大人であっても自転車の運転は危険を伴いますので、自転車保険の加入が必要です。

詳細を読む

ワンコインで運転に安心を

説明

ちょっと車を借りて運転する。そんなときに一日単位でワンコインから加入出来る1DAY保険をお勧めします。たった一日でも車を運転するなら万が一の備えが必要です。急な用事でもコンビニやスマホから手軽に加入出来るので、上手に活用して安全な運転をしてください。

詳細を読む

新築住宅でも安心です

婦人

住居瑕疵担保履行法が施行される以前は、欠陥住宅などの問題が多くのメディアに取り上げられ、安心して住宅を購入できないという人が増えましたが、この法律が施行されてから、新築住宅の人気が出てきました。また、対象となる部分も範囲が広いことも人気です。基礎や土台はもちろん、床板や柱、横架材、壁、外壁、開口部、屋根などが対象です。保険金が支払われる仕組みは、次の通りです。まず、売主などが住宅瑕疵担保責任保険法人に対して保険料などを納付します。そして、買主などが瑕疵を発見した場合、売主に対して修補などを請求すると同時に、売主は住宅瑕疵担保責任保険法人に保険金を請求します。このときに修補などがなされない場合には、買主が住宅瑕疵担保責任保険法人に保険金を請求でき、支払いが行われます。

平成21年10月1日から、新築の住宅の請負人や住宅事業者である売主には、保険への加入、または、保証金の供託が義務付けられました。これは、住宅瑕疵担保履行法という法律で、請負人や売主が消費者に対して、瑕疵担保責任をきちんと行うようにするためのものです。売主などが保険へ加入することによって、倒産などをした場合でも瑕疵の責任を負うことができるようになったと同時に、消費者は直接保険金を受け取れるようになったという特徴があります。また、売主などと発注者などとの間に売買契約や請負契約に関する紛争が生じた場合には、弁護士会による紛争処理の手続きを利用することもできます。このことにより、消費者は泣き寝入りする必要がなくなります。

家を火災から守ろう

コンサル

火災保険を選ぶときには選び方を知っておくと選びやすいです。安いところを探すときは一括見積もりサイトを利用し比較します。また安全性を高めたいなら特約の多いところがいいでしょう。保険はそれぞれ内容が違うのです。例えば時価契約をしていると古い家ならあまり保険がもらえないので注意が必要になります。

詳細を読む

Copyright© 2016 新築住宅を購入するなら住居瑕疵担保履行法を知っておこう All Rights Reserved.