家を火災から守ろう|新築住宅を購入するなら住居瑕疵担保履行法を知っておこう
笑顔の女性

新築住宅を購入するなら住居瑕疵担保履行法を知っておこう

家を火災から守ろう

コンサル

後悔しない選び方

火災保険は非常に多くの商品が売られています。それぞれの商品で特徴が違うのでちゃんと比較して契約を行いましょう。まず比較する部分といえば金額になります。金額は安いほど家庭への金銭的なリスクも少ないのです。保険料を手っ取り早く見積もりたいときは一括見積もりサイトを利用するといいでしょう。ここなら短時間で火災保険料を確認できるのです。また保険内容にも違いがあるのでこれも比較をします。まず主契約はどこの保険会社もあまり違いがないのですが問題は特約です。特約は主契約に付帯して保険範囲を拡張できるオプションになります。特約が多ければ多いほど保険範囲を広く出来るのでより多く用意されているところを利用するといいでしょう。

内容を把握しておこう

非常に多くある火災保険は内容をしっかり確認して利用するように注意が必要です。まず時価と呼ばれているものがあって、時価による契約を行うと場合によっては損をしてしまいます。例えばかなり古い家を持っている場合、時価契約を行っているとその建物の価値が大きく影響するのです。古い家ほど時価は安くなってしまうので火災が起きた時にあまり保険料がもらえなくなります。新築であれば価値はあるので時価契約でも大丈夫です。支払われる保険料は火災保険会社によって違うので、利用する際はもらえる金額を比較しておきます。また特約は付帯すればするほど金額が高くなるので、どんなものが必要になるのかしっかり把握してから付帯しましょう。

Copyright© 2016 新築住宅を購入するなら住居瑕疵担保履行法を知っておこう All Rights Reserved.